産学連携ものづくりデザインサポート事業

産学連携ものづくりデザインサポート事業

~匠の技術とデザインを学ぶ学生の感性で~

魅力あるモノづくりには、デザインは欠かせません。しかし、中小企業の多くは、優れた技術を持ちながら、デザインをうまく取り入れられないのが現状で、デザインを学ぶ学生は、デザイン開発を体験しないまま社会へ出るのが現状です。

本事業は平成27年度より、中小企業のモノづくり技術をデザイン発想で活かし、新しいモノづくりと実践的なデザイナーの育成の両方を目指す事業として実施しました。中小企業から募集した開発テーマに対し、学生グループが柔軟なアイデアで新商品を提案し、経験豊富なコーディネーターがサポート。チャレンジ精神と的確なフォローで新しい商品開発に挑みました。

平成28年度は(公財)JKAの補助事業として実施しました。

産学連携ものづくりデザインサポート事業の実施(実施概要)

実施対象 デザイン系の学科を専修している学生(専門学校、短大、大学、大学院)
実施期間 平成28年 10月8日(土)~12月10日(土)
受入企業 6社
参加学生 36名

マッチング会

産学連携ものづくりデザインサポート事業 マッチング会

企業訪問

産学連携ものづくりデザインサポート事業 企業訪問

プレゼン1

産学連携ものづくりデザインサポート事業 プレゼン1

プレゼン2

産学連携ものづくりデザインサポート事業 プレゼン2

最終プレゼンテーション

産学連携ものづくりデザインサポート事業 最終プレゼンテーション
産学連携ものづくりデザインサポート事業 最終プレゼンテーション
産学連携ものづくりデザインサポート事業の実績
平成28年度 参加企業(PDF) | 学生募集(PDF) | 報告書(PDF)
平成27年度のパンフレットはこちら
デザインのご相談・お問い合せはこちら
Page Top
大阪デザインメルマガ配信登録
大阪デザインセンター公式Facebook
大阪デザインセンター公式Twitter
マッチング事例を見る