デザイン就職支援事業

学生のためのデザイン就職支援事業

大阪デザインセンターでは、デザインを学ぶ学生を対象に将来「ものづくり」をするデザイナーとして必要な知識や技術の習得と、職業観を学ぶため、夏休みを利用して就業体験実習を実施します。

この事業は、デザイン人材育成のため、将来デザイナーを志望する学生に就業体験を通して、デザイナーとしての知識や技術の習得はもちろん、社会人としての職業観の醸成を目的としています。同趣旨の事業を平成14年度から大阪デザイン振興プラザ・デザイン工房会等の協力を得て実施してきました。また平成19年度以降は、(公財)JKAの補助事業及び大阪市の分担事業として受入れ人数や実習期間の拡大など事業充実に努めて参りましたが、平成22年度からは、(公財)JKAの単独補助事業として実施しており、平成24年度からは「デザイン就職支援事業」として、学生のための就業体験実習を行うはこびとなりました。

就業体験実習とは

学生が在学中に社会へ出て一定期間仕事を体験する制度です。

企業等の実情や仕事の現場に触れることにより、社会や職業について理解を深め、将来やりたいことの目標や、問題意識が芽生えるなどの進路のミスマッチを防ぐ効果が期待できます。

大阪デザインセンターではデザインを学ぶ学生を対象に将来「ものづくり」をするデザイナーとして必要な知識や技術の習得と職業観を養うため、夏休み期間を利用してデザイン学生のための就職支援事業を実施します。

デザイン就職支援事業就業体験の実施

平成26年度 デザイン就職支援事業 (募集は終了しました)

デザイン人材育成を目的とした「デザイン就職支援事業」を実施します。社会人として必要な知識や技術を習得できるデザイン事務所での就業体験。将来「ものづくり」に携わるデザイナーを志望するデザイン系の学生を対象に、参加希望者を募集します。

14日間ではありますが、実際に制作現場の方々と触れ合うことは今後の進路への自信となるでしょう。
学校生活では得られない社会人としての高い職業観を培ってみませんか。

平成26年度の実施について‐実施概要‐

実施対象 デザイン系の学生(専門学校、短大、大学、大学院)
実施期間 夏休み中 7月14日(月)~9月30日(火)のうち14日間
実施場所 大阪デザイン振興プラザ(南港ATCビル内)のデザイン事務所または大阪市内・近郊のデザイン事務所
実施人数 20名(応募者多数の場合は事務局で選考を行います)
費用 無料(交通費は本人負担)

※ 平成26年度デザイン就職支援事業の学生募集パンフレットにおきまして、記載に誤りがありました。
   正しくは以下の通りです。
   【中面「(15)ダイトー光芸株式会社」様の項目】
   (誤) ▽会社HP:www.inter-d.co.jp/
   (正) ▽会社HP:www.daito-kogei.co.jp/
  この場をお借りしまして、関係者の方々ならびに皆様にあらためてお詫び申し上げます。

※ 平成23年度までは「学生のためのインターンシップ支援事業」を実施。詳しくはこちらへ。

実施説明会

H26 年度 実施説明会を行いました。(PDF)
H25 年度 実施説明会を行いました。(PDF)

実習生のインタビュー

本事業の就業体験実習実施期間中、一部の実習生及び受入れデザイン事務所様にご協力をお願いし、インタビューを行いました。
将来デザイナーを志望する参加学生には、この就業体験を通して、デザイナーとしての知識や技術の習得はもちろん、社会人の職業観がどのように変化したか、お話を聞く事ができました。受入れ事務所様には学生に対する激励の言葉等をいただいております。

H26 年度 実習生へのインタビュー(PDF)
H25 年度 実習生へのインタビュー(PDF)
H24 年度 実習生へのインタビュー(PDF)

完了報告

H26 年度 完了報告
H25 年度 完了報告
H24 年度 完了報告

この事業は、競輪の補助を受けて実施しています。
http://ringring-keirin.jp
デザインのご相談・お問い合せはこちら
Page Top