インターンシップ支援事業

デザイン学生のためのインターンシップ支援事業

大阪デザインセンターでは、デザインを学ぶ学生を対象に将来デザイナーとして必要な知識や技術の習得と職業観を学ぶため、夏休みを利用してインターンシップ支援事業を実施しました。

※「学生のためのインターンシップ支援事業」は競輪の補助金を受けて実施しました。
平成24年度は、「学生のためのデザイン就職支援事業」として、同趣旨の事業を実施します。詳しくはこちらへ。
インターンシップとは

学生が在学中に社会へ出て一定期間仕事を就業体験する制度です。

インターンシップとは学生が在学中に社会へ出て一定期間仕事を就業体験する制度です。
企業等の実情や仕事の現場にふれることにより、社会や職業について理解を深め、将来やりたいことの目標や、問題意識が芽生えるなど進路のミスマッチを防ぐ効果も期待できます。

大阪デザインセンターでは、デザインを学ぶ学生を対象に将来デザイナーとして必要な知識や技術の習得と職業観を養うため、毎年夏休み期間を利用してデザイン学生のためのインターンシップ支援事業を平成14年度から23年度まで実施いたしました。
実習を終えた学生からは、新たな自己発見と学校では得られない貴重な体験ができたと感動と喜びの声が多数寄せられています。

H23年度 実習生の感想(PDF)
H23年度 報告書(PDF)
H22年度 実習生の感想(PDF)
H22年度 報告書(PDF)
H22年度 実習生の感想(PDF)
H22年度 完了報告
H22年度 実習生による座談会(PDF)
H21年度 完了報告
H21年度 実習生の感想(PDF)
H21年度 実習生による座談会(PDF)
H20年度 完了報告 主催:(財)大阪デザインセンター 協力:大阪デザイン振興プラザ デザイン工房他

※「学生のためのインターンシップ支援事業」は競輪の補助金を受けて実施しました。
 平成24年度は、「学生のためのデザイン就職支援事業」として、同趣旨の事業を実施します。詳しくはこちらへ。

この事業は、競輪の補助を受けて実施しています。
http://ringring-keirin.jp
デザインのご相談・お問い合せはこちら
Page Top