グッドデザイン-部門別賞-
部門別賞
平成20年10月期
住・生活環境デザイン部門
 

最優秀賞
商品名:持ち手・注ぎ口付き米袋
ポップアップノブ
(Pop Up Knob)
出品者:株式会社アサヒパック
デザイン: 株式会社アサヒパック 開発部
部長 神門 順一
税込価格: ¥33〜¥44
持ち手・注ぎ口付き米袋
ポップアップノブ
(Pop Up Knob)

【選評】 (審査副委員長/住・生活環境デザイン部門 部門長 牛島 志津子
      =サントリー株式会社 デザイン部 スペシャリスト クリエイティブディレクター)
   スーパーでお米を買うと、「レジ袋を1枚にしますか、2枚にしますか?」と聞かれる。お米は消費財の中ではかなり重さのある商品である。「ポップアップノブ」は、ポリ米袋に持ち手と注ぎ口を付けた画期的な商品であると共に、素材の開発による強度のある持ち手と本体フィルムの削減、レジ袋なしでも恥ずかしくないデザインの提案も行っている。
   利便性を追求しながらコストアップを極力押さえ、持った時の形状も考慮に入れている点は評価できると思う。流通の段階で消えずにいて欲しい商品である。

優秀賞
商品名:ウエイトバランス調整機構付き庖丁
プロバランス・ジャスト
PBJ-01/02/03/04/05
出品者:株式会社レーベン販売
デザイン:金昇家品有限公司
代表取締役社長兼デザイナー 郭 岳榮
税込価格: ¥6,300〜¥12,600
ウエイトバランス調整機能付き庖丁
プロバランス・ジャスト         
PBJ-01/02/03/04/05
【選評】 (住・生活環境デザイン部門 審査委員 西村 雅信
      =京都工芸繊維大学 大学院 工芸科学研究科 准教授)
   昔から「しっかり重量があっても軽く感じる庖丁は良い」という言葉がある。要するに良い庖丁は重心の位置が良いということで、これは「刃物」が使う人の身体性の延長線上にあるべき道具としての特質をあらわす表現として考えられる。
   この庖丁の特徴は、まさに「重量と重心位置を変えられる」という部分にある。また、全体が一体成形の継ぎ目のない構造であることは、刃と柄の隙間に水が入り込み材料を腐食させるといったようなことがないというのも製品の信頼性に繋がると考えられる。
   一見、重さや重心の調整ができるこの庖丁は、従来品に比べ多機能で複雑化したように感じるかもしれない。しかし実のところむしろ逆であると言っておきたい。
   手の動きと同化し刃物本来の道具としての完成度を高めたとき、それらは道具を構成するよりシンプルなエレメントへと一体感を持ち、その庖丁はそれぞれの人にとってなくてはならない道具へと昇華されるのであろう。

優秀賞
商品名: テーブルウェア シェル
出品者:株式会社ブルースデザイン
デザイン:株式会社ブルースデザイン
小林 和生
税込価格:¥735〜¥4,200
テーブルウェア シェル

【選評】(住・生活環境デザイン部門 審査委員 東 伸吉
     =J.フロント リテイリング株式会社 百貨店事業政策部 
       マーケティング企画推進室 マネジャー)
   シェルシリーズは自助具としての「返し」機能(掬いやすさ)をもつテーブルウエアである。
   ユニバーサルデザインをテーマとした製品ではあるが、先ずフォルムの美しさが目を引く。
しかも機能性をことさらに主張するのではなく、美しいフォルムの中に取り込まれている点が優れている。
   また変型ではあるがスタッキング機能が考慮されている点や、豊富な器種、釉調の種類など、食事を豊かにするといった要素が忘れられていない点も評価のポイントとした。


選定商品一覧へもどる