グッドデザイン-部門別賞-
部門別賞
平成16年11月期
工業デザイン部門
 

最優秀賞
商品名: デジタルオーディオプレーヤー
SV-MP500V/510V
出品者: 松下電器産業株式会社
デザイン: パナソニックデザイン社
AVCネットワークデザイングループ
パーソナルネットワークチーム
矢木 良一
税込価格: オープン価格
デジタルオーディオプレーヤー SV-MP500V/510V

【選評】 (審査委員会 井上 斌策 = 株式会社トータルデザインシステム 代表取締役)
 一見ナンダ?と思わせる。未来を拓く開発にとってコンセプトが如何に重要であるかを明確に示したこの商品にデザインの重要性を改めて認識させられた。
22mm×70mm×13.9mmのブロックにFMチューナーとICレコーダー機能を搭載し、MP3圧縮によって60曲(256MB)の音楽が楽しめる。「表示ブロック」と「操作ブロック」をシンプルに分離構成し、アルミニュームキャビとラバー上の塗装の継ぎ目の無いレリーフ状の操作ボタンは、小型化と高性能化&高い操作性といった矛盾点をうまく両立させている。アクセサリー感覚でしかもポケットの中でも容易に操作し易い設計は小型化の進むメモリーオーディオの中に於いても際だった個性を創りあげている。しかも難易度の高いビス・レス加工、モーター等の駆動部レス、大型4行表示のELバックライト付きLCD搭載で表示も見易い。装飾過多の多いデザイン市場にあって、究極の機能とインターフェース要素を高度な技術でシンプルにまとめ上げたコンセプトから製品化迄の一貫したデザインプロセスが見事に凝縮されている。
 PCスキルの豊富になった若いユーザーのみならず、音楽好きの幅広いユーザーにも答えられるユニバーサルな視点にも好感が持てた。モノが進化し便利になるに従って人間はバカになると言われるが、高い技術を内包しつつもソフトにさり気なくパッケージされた音世界を、手の中で自由に遊泳出来る知恵に進化させた人間の創造力を高く評価したい。使うといった以前に、手に取ってみたい!意味無く所有したい!といった、心を豊かに満たす直感的要素はモノの機能・性能をはるかに超える大切な要素で有ろう。新しい視点でデザインの未来を拓いた開発陣にエールを送りたい。

優秀賞
商品名: ウォーターオーブン ヘルシオ
AX-HC1-S/R
出品者: シャープ株式会社
デザイン: シャープ株式会社
電化システム事業本部デザインセンター
税込価格: \126,000
ウォーターオーブン ヘルシオ AX-HC1-S/R

【選評】 (同部門 審査委員 加藤 周三 = 株式会社NECデザイン 取締役)
 本製品が市場に出てきたとき、「これは何!」と感じた記憶があります。1987年に「電子レンジWith2」というドーム型のデザインで衝撃を与えたメーカーらしい意欲的なデザインを評価しました。
キッチン家電の領域で私の心を動かす衝撃的な製品は、なかなか見ることが出来ません。最近では住宅事情も様変わりしている中で、「デザイン」で勝負といった製品が無いのは不思議でした。「ウォーターオーブン」という新しい機能を持った調理機器をデザイン品質ならびに完成度の高いデザインにまとめあげた総合力が評価されました。
 ドアを開けると、操作パネルの反対側に水タンクがあり、左右対称の形態が生まれたとのことです。部品のレイアウトを絶妙に利用して、新しいデザインを生み出すことが出来たのでしょう。
審査の過程で「シルバーは業務用のデザインでは?」という意見もありました。それだけしっかりした造りがそのような印象をもたれたのではないかと思います。特に全体の40%が「レッド」を購入していることは、色を上手に使い出した消費者の傾向が如実に現れていると考えられます。

優秀賞
商品名:

空気清浄機
F-P26SZ

出品者: 松下電器産業株式会社
デザイン: パナソニックデザイン社
アプライアンスデザイングループ
ハウジングシステムチーム
渡邉 辰弥
税込価格: オープン価格
空気清浄機 F-P26SZ

【選評】(同部門 審査委員 諸岡 信一 = シャープ株式会社 オンリーワン商品企画推進本部
総合デザインセンター 開発室 室長)
 今回は優秀賞候補が多く、激戦であった。ここ数年の環境や健康への関心の高まりを受けた空気清浄機は注目商品のひとつであることには異論のないところだが、インテリアにおいて、でしゃばり過ぎない良いデザインのモノが切望されていた。その点でこの空気清浄機は、張りのあるシンプル造形とサフェース、清潔感のある透明素材と色、コーナーに置いた時にも邪魔にならない基本形状、薄型設計などにきめ細かな配慮が感じられ、好ましいデザインである。また縦一列にイルミネートする表示を兼ねた吹き出し口は、さりげなく機能表現をしており、上手いデザイン処理と言えるだろう、審査員の中でも、インテリア空間の中で好ましいデザインがもっと増えて欲しいとの意見も多く、今後このようなインテリア性で評価出来る商品が増えて欲しいとの審査員一同の希望と推薦の気持ちを込めて、優秀賞に決定いたしました。
 ただし、背面の吸気グリルがまだ未処理で見たくない状態、インテリアでのたたずまいを評価しているだけに、今一歩頑張っていただきたい。

選定商品一覧へもどる