グッドデザイン-部門別賞-
部門別賞
平成16年7月期
工業デザイン部門
 

最優秀賞
商品名: エアコンディショナー
UXシリーズ AN22EUXS(代表機種)
出品者: ダイキン工業株式会社
デザイン: ダイキン工業株式会社
空調生産本部 デザイングループ
中村 順司
税込価格: オープン価格
エアコンディショナーUXシリーズ AN22EUXS(代表機種)

【選評】 (同部門 副部門長 小山 格平 = 京都市立芸術大学 美術学部 デザイン科 教授)
 建築雑誌に掲載されている新築のインテリア空間等を見ていると、とても人が住んでいそうにない、生活臭のないスペースがそこにある。そしてもう少し注意深く観察すると、壁にエアコンがない場合が多い。おそらく取り付ける前に撮影されたものだろう。壁掛けタイプのエアコンは、インテリアのノイズとなり、建築家には嫌われモノのようだ。逆に言えば建築家が好むようなデザインがなかったということになる。ダイキンエアコン UXシリーズは、その様な建築家の要望を満たすだけではなく、使用者の要求も十分に満足させるモノである。

エアコンの室内機は、コンパクトで薄型へと向かっている時期があったが、時代の要請が省エネへと向かい、その為に室内へ出っ張る形状となったようだ。今回のシリーズでは吸込口と吹出口が自動的に開閉する構造になっており、その為ONとOFFで形状が大きく変化する。フロントパネルの素材、表面処理にも新規性を取り入れ、_級感を演出している。このエアコンの素晴らしいところは、コンパクトと薄型、そして省エネを実現し且つ従来のエアコンのイメージを払拭した事であり、そのことが高く評価された。

優秀賞
商品名: 電動歯ブラシ NTB-S1/S1DX
出品者: 三洋電機株式会社
デザイン: 三洋電機株式会社
コンポーネント企業グループ
モバイルエナジーカンパニー
経営企画BU デザイン部
税込価格: NTB-S1 \1,785
NTB-S1DX \2,100
電動歯ブラシ NTB-S1/S1DX

【選評】 (同部門 副部門長 藤本 英子 = 京都市立芸術大学 美術学部 デザイン科 助教授)
 微振動の機能を持った電動歯ブラシは、より普通の顔をして携帯への意欲を高めてくれる。
「スリムさ」「軽さ」の追求は、ユーザーへの調査結果からも得られたものである。「スリムさ」の追求は握り方の変化にまでおよび、ペンを握るように歯ブラシを持つ「ペングリップ磨き」がしやすくなった。「軽さ」の追求は、中に入れる単4電池1個の重さを感じる程の軽量化に及んでいる。
技術的に「スリムさ」「軽さ」が実現された本体では、更に握りやすいデザインが追及された。人気のエラストマーの部分使用が指へのフィット感を高める。また、握る部分の断面が丸ではなく緩やかなカーブで四角に近づいているので、握った時の安心感を生んでいる。

カラフルなバリエーションは、パーソナル商品の必須条件であるが、5色の展開が選ぶ楽しさを増している。白のベースにアクセントカラーとしての彩度を持った1色、文字には柔らかさを出すグレーを使用し、美しく見せる条件をきっちりおさえたカラーリングに好感がもてる。操作系の必要表示は、モールドの凹凸で文字の煩わしさを避け、ON・OFFプッシュスイッチでは、操作の固さはあるが、軽い音が操作感を高めている。「スリムさ」「軽さ」の技術的追求に始まった商品企画が、これら全体のデザインバランスのよさで評価の高い商品として完成したのである。

優秀賞
商品名:

ポータブルMDプレーヤー
SJ-MJ57

出品者: 松下電器産業株式会社
デザイン: パナソニックデザイン社
AVCネットワークデザイングループ
パーソナルネットワークチーム
柴田一彦・時岡英互
税込価格: オープン価格
ポータブルMDプレーヤーSJ-MJ57

【選評】 (同部門 審査委員 岡崎 寛之 = 株式会社三洋デザインセンター 代表取締役社長)
 ドッキンスタイルMDと名付けられたポータブルMDプレーヤーの特徴は、小型ステレオスピーカー付き充電スタンド(サウンドチャージャー)に本体をセットして音楽を聴くことができるし、インナーイヤータイプのヘッドホンで聞くこともできる2WAYの新しいリスニングスタイルの提案である。そして、ターゲットを中高校生から二十代の若いユーザー層に絞ったことが商品コンセプトを明快にし、それがデザインに表現され、訴求力を高めることに成功している。

松下電器産業(株)から過去2度、同コンセプトの商品が選定されている。最初のMJ50が‘02年に、第2弾のMJ55が‘03年に選定されているが、今回のMJ57ではサウンドチャージャーもシースルースピーカーを採用し、しっかりと、スタイリッシュに進化している。本体の薄型化の追求による新しいアルミ材の採用や、着脱にマグネットを採用した使い勝手の向上など、ユーザーの視点でデザインし、メッセージを持つ視覚的な演出などが評価された。更なる進化に期待したい。

選定商品一覧へもどる