グッドデザイン-部門別賞-
部門別賞
平成16年5月期
住・生活環境デザイン部門
 

最優秀賞
商品名: ののじUDお玉シリーズ(調理器具)
※UD=ユニバーサルデザイン
ののじUDお玉 80cc LB-FSU001
ののじUDお玉120ccLB-FSU011
ののじUD歯付お玉 80cc LB-FSU020
ののじUD歯付お玉 120cc LB-FSU030
出品者: 株式会社レーベン販売
デザイン: 高部 篤
税込価格: ののじUD
お玉80cc LB-FSU001¥2,730
お玉120cc LB-FSU011 \2,940
ののじUD
歯付お玉80cc LB-FSU020 ¥3,360
歯付お玉120cc LB-FSU030 ¥4,200
ののじ調理用具シリーズ

【選評】 (同部門 副部門長 河野 登=ミズノ株式会社 商品開発部デザイン室 上級専任職)
平成15年度に当デザインセンターが、年間優秀賞に選定した「ののじ調理用具シリーズ」は、大量調理施設で大人が使うモノであったが、今回は調理された給食を食器に注ぐ時、子供が使うモノを新シリーズで開発、連続の応募であった。
給食施設での徹底した衛生管理、環境ホルモン問題、高温消毒保管に応えるステンレス製の洗浄しやすい一体構造や、業務用調理に必要な条件は前作同様に備えている。
学校給食時の子供たちが、慣れない手つき、おぼつかない動作で、底の深い食缶から汁や麺類をすくう行為を、愛情ある目で観察し直し、従来品より、より自然で安全に、しかも素早くできるように改良されている。ユニバーサルデザインに真摯に取り組み、新しい造形の杓子を生み出した。特に「歯付きお玉」は椀部に歯が出て麺などもすくうことができる機能美デザイン。

ハンドル部の中空部は、軽量化と子供の手でも握りやすく力を伝えやすい形「エッグシェル」になっており、すくい上げ時の縦動作がし易い。深さのある縦型容器にマッチした長さ、使用時のバランスなども良く、清潔感あるミラー仕上げも美しく子供たちが楽しげに給仕する光景が浮かんでくる。
今回、(株)レーベン販売は、他のシリーズ(手元調理器具)も選定されており、ラインアップ充実への開発意欲が見られる。使用者の観察から始まり、既成概念を払拭し、保有技術で製品化、試しては改良する企業姿勢は、製品デザインの質的向上にも反映してきている。

優秀賞
商品名: 超強力マグネット<プニョプニョマグネット> マク-830−1.2.3
出品者: コクヨ株式会社
デザイン: コクヨ株式会社
ステーショナリーカンパニー
企画開発本部 文具BU
税込価格: \525
超強力マグネット<プニョプニョマグネット> マク-830−1.2.3

【選評】 (同部門 審査委員 古川 美智子=(有)エリプスデザイン 取締役)
 名前はプニョプニョ。外観も、ちょっと触った感じもヤワな印象ですが、実は優れもの。
底に透けて見えている丸い小さな金属が超強力な磁性を持つ「ネオジウム」。わずか8ミリ厚さ2ミリ程の塊が、従来の磁石の5倍の磁力を持つ。小さくても大きな力を発揮するこの素材を固定した樹脂をエストラマ−で包んで手触りも外観もあくまでやさしい仕上がり。プニョプニョらしく。

中央のV字溝は?ここがこの商品の最も重要なポイント。くっついている時は強い力、離す時は軽い力という矛盾した要求に応える溝。この溝をはさむように指先で円周部分をつまんでみよう。壁からマグネットが浮き上がって簡単に取り外す事ができ、プニョプニョから指を離すと再びピタリと壁に止まる。実にラクだ!中身の入ったA4サイズの封筒だってしっかり止まるから出かける時に机の中をガサゴソ探さなくてもいい。ラクだ!ラクは楽しい。こんな小さな道具から楽しい気分が広がっていくようだ

中小企業優秀賞
商品名: 上下可動式物干金物
DRY・WAVE SC50
出品者: タカラ産業株式会社
デザイン: タカラ産業株式会社
技術部 開発課
仲川 真一・高仙坊 恒博
税込価格: \15,750
上下可動式物干金物DRY・WAVE SC50

【選評】 (同部門 審査委員 山内 勉=松下電工株式会社 デザイン部 部長)
 集合住宅のベランダの景色が変わってきた。ひと昔前の生活感ある色とりどりの洗濯物がぶら下った風景を懐かしむ向きもあるが、少なくとも路上から見上げた限りでは物干竿は目に入らない。この物干竿を受ける金具がその舞台裏を支えている。
中高層集合住宅のベランダが非常時の非難経路として確保されねばならないという必然性が背景にあるとしても、物を干すという極めて日常的な家事の視点からは、過度の高さでの作業やプライバシーの確保などの利点を私達に提供している。

本商品は生活者の声をもとに、改良に改良を重ねたあとが手に取るようにわかる出来栄えとなっている。物干竿の高さ調整機構、竿を通す穴の形状、折りたたみ収納時の操作をイメージさせるディテール表現など日常生活の機微が具現化されている。
工事をともなう商品であるため、住まい手が直接選択しにくい商品でありながら、毎日接する必需設備として、開発へのたゆまない熱意が今後とも期待されるものである。

選定商品一覧へもどる