グッドデザイン-部門別賞-
部門別賞
平成14年7月期
工業デザイン部門
 

最優秀賞
商品名: パーソナルファクス
KX-PW100CL-W
出品者: 松下電器産業株式会社
デザイン: 松下電器産業株式会社
パナソニックデザイン社
パナソニックデザイングループ
ホーム2デザインチーム
税込価格: オープン価格
パーソナルファクスKX-PW100CL-W

【選評】 (審査委員長 兼 同部門 部門長 井上斌策 = (株)トータルデザインシステム 代表取締役)
 私達は日常身近に使用する機器に対して、意外なほど、既成概念にとらわれている。それをこの、Panasonicパーソナルファックスは気付かせてくれる。

 最初はエッ?しばらくしてなるほど、と。こうした新しくも当たり前かも知れぬ視点に立ってプロダクトコンセプトを打ち立てたデザイナーにまず、敬意を払いたい。FAXには様々な機能キーが付き、当然本体には受話器が備わっている。これは基本的な要素である。しかしこのFAXにはどちらも備わっていないように見える。おまけに新しい付加機能として最近機種に当然のようにセットされていたスキャナーもない。

 本体には、未使用時ガラス調カバーがつけられ、開ければ出て来るテンキー等のボタンも必要最少に抑えられ、親機からコード付き受話器をなくしスッキリさせ、かわりに充電スペースを設けコードレス子機のセットを可能にしている。なくても困らない、なくせたから美しく、よりシンプルな機能を生み出させた。デザインの手法として、シンプルを追求する為、極力必要要素を絞り込む事はあるが、今回は単にフォルム上での手法でない事がよく解る。

 メーカー競争から来る機能のアップは、ユニバーサルな視点を訴えながらもしばしば操作の複雑化や、コストアップを招いている。今回選定品はユーザーニーズを基本から問い直し、本当に必要な機能のみを提供する事によって、従来とは全く違った、シンプルで清潔な表情に仕上げられ、20代〜30代の都会的ライフスタイルを持つニュージェネレーションをターゲットにしたインテリア感覚を実現している。また、フェイスカバーに好みの写真やカードを差し込みユーザー自身が自由に楽しめる等、ユーザー層のライフシーンにも敏感だ。

 好みの曲のダウンロードで着メロやアラームに、届いたFAXをパソコンに転送等新しい機能も備わり、透き通るようなパールホワイトのボデイーカラーと共に好感の持てるデザインに仕上がっている。子機もスタイリッシュで使いやすいインダストリアルグラフィックでまとめ上げられている。

 以前選定を受けたシャープのFAXデザインとの関連も審査過程では、問われたが、今回商品の明確なコンセプトから来ているデザインのオリジナル性が高く評価され満票を得た。

優秀賞
商品名: ドラム式洗濯乾燥機 AWD-A845Z
出品者: 三洋電機株式会社
デザイン: 三洋電機株式会社
ホーム ・ アプライアンスカンパニー
家電デザイン部 電化デザイン課
税込価格: \236,250
ドラム式洗濯乾燥機 AWD-A845Z

【選評】 (同部門 副部門長 小山格平 = 京都市立芸術大学 教授)
 三洋電機は洗濯機の分野で次々に新しい商品を開発・提案している。最近の話題に、洗剤なしで洗浄できる洗濯機がある。これは洗剤ゼロばかりが注目され、洗剤業界に物議を巻き起こし、本当に洗濯できるか実験までしたようである。すべての汚れ物が洗濯できるということではなく、軽い汚れ物を電解水で洗浄・除菌できるというものであった。

 今回の三洋ドラム式洗濯乾燥機は、ヨーロッパで主流のドラム式洗濯機と日本で従来から使われていた縦型との両方の長所を組み合わせたもので、ドラム式の仕上がりの良さと縦型の使いやすさを兼ね合わせた洗濯乾燥機である。本体天面の斜めにカットした部分に衣類投入口、その右側に操作部と左側に洗剤投入口を設け、使用性 ・ 視認性を考慮した形状になっている。

 安全性の問題からか、衣類の取り出しの操作に少し面倒なところがあったが、全般としてユーザビリティを考慮しているところが高く評価され、よく考えられた商品という印象である。

 この機種にももちろん洗剤ゼロのコースもあるが、洗剤業界もこれにクレームをつけるのではなく、洗濯機のいらない洗剤を開発されては。でないと次は洗剤も水もいらない洗濯機が提案されるかもしれないし、究極は洗剤も水もそして洗濯機もいらない洗濯機?ということになるかもしれない。

選定商品一覧へもどる