平成28年度ふるさと名物応援事業補助金(JAPANブランド育成支援事業)

平成28年度ふるさと名物応援事業補助金(JAPANブランド育成支援事業)

1. プロジェクト名

伝統・先端技術を活かして建材を国際化・ブランド化する戦略調査


2. 事業目標

欧州・中東・アジアで需要が根強い高級建築資材市場参入のために、パリのメゾン・エ・オブジェのプロジェ部門への出展を目標として、量産型の建材にない日本独自技術と海外の知財を融合させた新商品開発に戦略的に取り組む。


3. 成果

「ターゲット」と「手段」、「課題」が明確に掴めた。
ハイレベルな上質資材・素材市場での意思決定者の存在が掴めた。
出展の趣旨は「モノ売り」ではなく、クライアントに対する「課題解決提案」が求められていることが判明した。

「日本だけが持つ強力な強み」
日本の中小企業は、「個」の力が強く、バリエーションがある。伝統技術が225ある国は、世界でも日本だけであり、さらに「技術立国日本」の先端技術を組み合わせ・掛け合わせると、課題解決対応能力は、無数と言える規模になる。
当プロジェクトは、中小企業が自立してその強みを活かす実ビジネスの場となることを目指す。


平成28年度ふるさと名物応援事業補助金(JAPANブランド育成支援事業)/伝統・先端技術を活かして建材を国際化・ブランド化する戦略調査
デザインのご相談・お問い合せはこちら
Page Top
大阪デザインメルマガ配信登録
大阪デザインセンター公式Facebook
大阪デザインセンター公式Twitter
マッチング事例を見る