• ホーム
  • お知らせ
  • 「デザインによる子どもの創造性を育む教育モデル事業」
    【公募型プロポーザル】質問書に対する回答を公表しました。

お知らせ

「デザインによる子どもの創造性を育む教育モデル事業」
【公募型プロポーザル】質問書に対する回答を公表しました。

平成29年8月23日までに受け付けた、デザインによる子どもの創造性を育む教育モデル事業 企画運営業務委託に係る公募型プロポーザル質問書への回答は、つぎのとおりです。

質問および回答

質問1
モデル授業実施校の担当との協議時間は何時間(もしくは何日)程度みておけばいいでしょうか。

回答1
現場の学校担任との協議時間が、どのくらいになるかは一概に想定はできません。大阪デザインセンター(委託者)、事業者(受託者)及び学校現場の3者(以下「3者」という。)が十分協議のうえ、モデル授業を構築したいと考えております。今年度はモデル授業の実施について11月以降での実施になるかと想定しておりますので、協議及びカリキュラム構築に要する期間は概ね3か月程度以上を見込んでおります。

質問2
モデル授業全般のコーディネートに要する時間は何時間(もしくは何日)程度みておけばいいでしょうか。

回答2
回答1をご参照願います。

質問3
モデル授業終了後の効果検証時間は、何時間(もしくは何日)程度みておけばいいでしょうか。

回答3
回答1同様、効果検証についても3者で行います。モデル授業の実施時期にもよりますが、平成30年2月末までには効果検証も終え、事業実施報告書の提出をいただく必要があります。

質問4
事業実施報告書はカラーでしょうか、モノクロでしょうか。

回答4
特に指定はありません。事業実施報告書の一部又は全部を当財団ホームページ等で公開する場合もありますので、写真等を交えた報告書にしていただくことが望ましいと考えます。

質問5
事業実施報告書は何ページでしょうか。

回答5
ページ数に指定及び制限はありません。事業の目的・概要、モデル授業の実施内容、事業実施効果・検証等を踏まえた報告書にしていただくことが望ましいと考えます。

質問6
カリキュラム案を少なくとも2案提案する旨の記載がありますが、企画提案書、モデル授業進行案を2枚ずつ提出するのでしょうか?それとも、企画提案書の①カリキュラム案に2案以上提案すればよいのでしょうか?

回答6
カリキュラム案を2案提案いただき、それぞれにモデル授業進行案を提出してください。

以上。


本件に関する問合せ先
一般財団法人大阪デザインセンター  業務部 担当:河合
〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビルITM棟10階A-1
TEL:06-6615-5571 FAX:06-6615-5573 MAIL:odc@osakadc.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アーカイブ一覧

無料デザインの相談・デザイナー紹介のお問い合わせ
デザインのご相談・お問い合せはこちら
Page Top
大阪デザインメルマガ配信登録
大阪デザインセンター公式Facebook
大阪デザインセンター公式Twitter
マッチング事例を見る