お知らせ

【レポート】商品パッケージ企画実習講座 <第2回>

昨日(4/26(水))SEMBAで開催された「プロに学ぶ!商品パッケージ企画実習講座」第2回目のレポートです。 講師はデザインプロデューサーの坂元雄二氏(株式会社スタッフワーク 代表取締役)。

20170427_package_report.jpg

お客様がすでに持っている値段のモノサシ(値ごろ感)を意識することの大切さについて、 実際に店頭の商品パッケージ数点を事例に取り上げながら、商品の3要素「中身・パッケージ・価格」のバランスを、
(1)トーン&マナー (2)お客様の利益 (3)アイキャッチ効果 (4)価格バランス (5)アイデンティティ の
5つの側面から16名の4グループで考察しました。

加えて、実際に全受講者が会場近くのドラッグストア内の百均ショップで、
ベストならびにワーストなパッケージデザインを購入して、お互いにその訴求レベルを評価しあって、
良い点や課題をシェアしました。

「いくらで売る商品」のパッケージを作るのか、店頭でライバル他社の商品から学ぶべき点など、
購買者や売場目線での商品パッケージ企画は作り手にとって重要なポイントだということを
新たな視点から再認識できた実習で、大変内容の濃いものとなりました。

【日 時】2017年4月26日(水)16:00~19:00
【講 師】坂元 雄二 氏(株式会社スタッフワーク 代表取締役)
【参加人数】16名

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アーカイブ一覧

無料デザインの相談・デザイナー紹介のお問い合わせ
デザインのご相談・お問い合せはこちら
Page Top
大阪デザインメルマガ配信登録
大阪デザインセンター公式Facebook
大阪デザインセンター公式Twitter
マッチング事例を見る