• ホーム
  • お知らせ
  • 【SEMBAサロンレポート】63rd「デザイン雑貨をつくる+売るためのアプローチ」

お知らせ

【SEMBAサロンレポート】63rd「デザイン雑貨をつくる+売るためのアプローチ」

大阪デザインセンターでは、中小企業やデザイナーのオリジナルプロダクトを展示即売するコーナー「URIMA」を販売ショーケースとして、南港・ATCに設置しています。
今回は、その「URIMA」第2期・第3期の出品企業&デザイナーならびにテーマに関心のあるデザイナー・学生らの交流会です。
ユーザーの感性に訴えるプロダクトアウトから、マーケットインに向けて、各々どのような課題を踏まえてモノをつくり、どういう手法で販路を確立するためのアプローチをしているか、自己紹介とケーススタディをお話しいただきました。
ものづくりだけでは完結しない売りづくりの難しさなど、同じ思いを持つ出品者同士がその取組み方を互いに共有できる情報交換・意見交換の有意義な場となりました。

20161104salon.jpg

【日 時】11月4日(金)19:00~21:00 後半は懇親会
【プレゼンター】URIMA出品者9社
【参加人数】15名

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アーカイブ一覧

無料デザインの相談・デザイナー紹介のお問い合わせ
デザインのご相談・お問い合せはこちら
Page Top