ケーススタディ

2012.03.30
山本光学株式会社

■お客さまの「眼の安全」を護る

当社は1911(明治44)年の創業で、おかげさまで昨年100周年を迎えることができました。「人々の心豊かな生活文化を創造し、社会に貢献する快適創造企業」を企業理念としており、人々に安全と安心、そして健康で快適な環境を提供することをテーマに「世界のオンリーワンとなる企業」を目指しています。
創業当初から「眼を護る」をモノづくりの基本にしています。一般に眼鏡やレンズは視力を補うものですが、当社は創業当初から砂や風から「眼を護る」ゴーグルを開発・販売してきました。その後、光をコントロールする技術を開発して光から眼を護る眼鏡へ機能を拡大し、1971年世界で初めて曇らないスキーゴーグルや紫外線を遮る偏光サングラスなどの開発にも成功しました。
現在は広く産業安全・スポーツ&レジャー・生活の分野で、長年にわたって蓄積した技術と開発力による製品を世界に送り出しています。昨今は環境や安全に対する意識が高まり、産業用分野で「眼を護る」眼鏡への必要性が深く認知されるようになりました。またスポーツやレジャーの分野でも、ライフスタイルの変化に伴い、ランニング・ウォーキング・ゴルフ・サイクリング・登山など、これまであまり「眼を護る」サングラスが必要と思われていなかったシーンでの需要が高まっています。当社は常に様々な分野での「眼の安全」に徹し、安全眼鏡やゴーグル、サングラスなどを開発してきました。

「眼を護る」を基本として、絶えざる技術革新とデザインで<br />「安全文化の創造」に挑む
2012.02.21
レイシス ソフトウェアーサービス株式会社

■強みは「動画コンテンツ」

私たちは大阪市西区にてソフトウェア開発を主業とする創業23年目のIT企業です。約12年前から請負型のソフトウェア開発業とは別に自社ブランドの製品づくりに取り組んでいます。共通の特徴は魅力ある「動画コンテンツ」です。各製品で掲げている「動画コンテンツ」はさまざまです。

IT企業が業界の垣根を越えて作り上げる製品の“デザインと品質“
2011.12.02
コクヨ株式会社

■「ユニバーサルデザイン」から

コクヨのデザインアワードがスタートしたのは2002年。その時期、社内ではユニバーサルデザインに取り組み始めて数年が過ぎた頃でしたが、社会的にはまだユニバーサルデザインが普及していなかった時代でしたので、第1回目のアワードのテーマを「ユニバーサルデザイン」として募集致しました。
当時の応募作品は約300点。ユニバーサルデザインの有識者、プロダクトデザイナー、グラフィックデザイナー、建築家を審査員としてお招きし、当社の社員とともに審査いたしました。応募者は美大生、プロデザイナー、子供からお年寄りまで幅広く、それぞれの立場や使用シーンにあったユニークなアイデアが寄せられました。
デザインアワードから広がるデザインの可能性
2011.08.26
株式会社Kukkia

■Kukkia(クキア)誕生

2007年、今は東京に住むデザイナーの重岡信子さんと、女性2人で木のおもちゃブランドgg*の活動を開始しました。2人で考えたデザインをベトナムの工場で生産し、輸入、そして、2008年2月、ドイツのトイフェアで発表しました。その一方で、gg*で培った海外生産のノウハウや国内・海外のネットワークを活用して、インテリアブランドや企業の木製ステーショナリーやブロック、食器やオブジェ、ノベルティーグッズなどOEMによる受託生産を手がけることとなり、会社設立を決めました。そして、Kukkiaは日本と世界の架け橋となることを目標に、2008年7月7日、デザインプロダクションカンパニーとしてスタートしました。gg*とOEMの2本柱で2年間、経営を続けました。
gg*はこども服のセレクトショップを中心に国内で少しずつ広まっていきました。雑誌に紹介されることも増えましたが、利益は少なく、会社の経営はOEM頼みでした。しかしながら、OEMは定期的に仕事を頂けるわけではありません。会社の経営を安定させるためにはどうしたらよいか、日々頭を悩ませておりました。そして、「世界へ向けて新ブランドを作りたい」という心の声が聞こえてきました。

日本から世界へ、この宝物が世界中のこどもたちに届きますように・・・
2011.03.30
イデア株式会社

■第二期創業

創業は1989年羽場企画事務所。商品開発のコンサルティングを受託し併せてデザイン提供する事業を始めました。顧客は大手紡績メーカー、自動車メーカーから中小のメーカーさんなどの新製品の開発の相談に乗り具体的な製品デザイン、商品化をディレクションしていく業務を請け負っていました。
自分が企画デザインをお手伝いしたものが、成功する自信があっても失敗に終わるものが多々ある、なぜ成功を収めきれないのか? 企画が悪い? デザインが悪い? コストが高すぎ? 営業が動いてくれない? 売り方が悪い? 宣伝販促が悪い? 事業の仕組みそのものができていない? 商品の成功は企画やデザインだけじゃない、つまるところすべては経営判断による、そう考えるようになっていきました。売った事のないアイデアやデザインは売れるかどうかわからないから商品化に乗り出せない、そんな声を聞く事も度々でした。じゃあ、自分自身の手で企画デザインから生産、品質管理、在庫管理、物流、営業、宣伝販促、回収まですべてやってやろうじゃないか。それなら失敗に終わっても自分で納得できるよな。そんな事で創業から10年を経た1999年コンパクトなキューブ型の傘立ての開発をきっかけに自社製品開発販売事業に乗り出しました。現在では当社の収益の80%が自社製品事業によるところとなっています。

大阪発世界に販売、デザイナーが社長の生活雑貨メーカー
2010.10.30
株式会社クボタ

■農業の変化に応じたデザイン

当社は今年おかげさまで120周年を迎えることができました。長年にわたる事業活動の中で特に農業機械による食料の増産と省力化に対して暮らしと社会に貢献するさまざまな製品を提供してまいりました。
その中でも農業機械の主力ブランドはトラクタ・コンバイン・田植機です。またその主力ブランドも農業の2極分化により大規模農業と小規模・ホビー農業に分かれ、それぞれの変化に応じたデザインを展開してきました。そしてその代表例をご紹介させて頂くと共に今後の課題と取り組みを述べます。
生産財から生活者視点のデザインへ
2010.03.31
ダイキン工業株式会社

■グローバル商品開発の変化

当社は空調事業を中心にグローバル化を進め、現在では海外事業比率が約65%に至りました。中でも、中国や欧州地域は近年空調機普及率が飛躍的に伸び、空調商品の激戦区となっています。これまでは効率優先のグローバルスタンダードの思想で、日本国内向けの設計・デザインをそのまま、もしくは部分的な意匠変更でデリバリーするのが一般的でしたが、近年では仕向け地のニーズをきめ細かく盛り込んだ専用設計・専用デザインが必要になってきました。以下、ローカライズの一例として海外市場専用商品を2つご紹介します。

中国向け床置きタイプ。浮かびあがる表示。タッチセンサー方式の運転スイッチで表面は完全フラット
2010.1.30
株式会社シード

■40年間変わらないデザイン

「消しゴム」といえば、事務・学習用に使う、白くて四角い「スタンダード字消し」を思い浮かべられるかと思いますが、その他にも、香り付きやユニークな色・形をした学童向けの「ファンシー字消し」、本来はデッサン用の商品なのですが、色・香りをつけたことで、子どもたちに大人気の文具となった「ねりけし」、そして今ではあまり見かけなくなりましたが、ボールペン用の「砂消し」などがあります。

「消しゴム」の枠を超えて
2010.1.30
大光電機株式会社

■必要なときだけ存在するあかり

照明器具は夜間使うもので、昼間は部屋のインテリアとしてひっそり出番がくるのを待っています。素材感や色目をインテリアにあわせることで空間の中での存在感を抑えていますが、根本的にもっと昼間の存在感を無くし、夜間の必要なときだけ出現するような照明器具が作れないかということを考えました。

思い入れを持つ商品開発
2009.07.30
シンコハンガー株式会社

■ハンガーメーカーとして

当社は、社名が表すとおり“ハンガー一筋に六十年”モノづくりを続けてきました。その間、素材は木製からプラスチックへと変化しましたが、ひたすら洋服にマッチした形くずれのしないハンガーや収納性の良いハンガーを追求してきました。しかし、ますます多様化する生活者のニーズに対応するため、平成5年「テクノパークなら五條工場」の建設を機に社名にこだわることなく、小物収納という観点でオリジナリティーあふれる商品を提供しております。そして近年、機能性を追及するとともに更にデザインに磨きをかけ、日々変化するトレンドの中でお客様の感性に響くような商品作りに取り組み始めています。

女性の「かわいい」の感性と機能性を併せ持った商品開発を目指して
2009.03.30
エレコム株式会社

■変化の激しい市場だからこそ

当社はPC周辺機器をはじめ、あらゆるデジタル機器に関連する商品を提供していますが、その市場環境は驚くほどの速さで日々変化しています。
一般の家庭にPCが普及し始めたのは、つい十数年前のことです。当時は大きなCRTディスプレイのデスクトップPCが全盛で、それを置くためのPCラックが飛ぶように売れました。しかし、現在ではノートPCの出荷台数が全体の6割を超えています。ノートPCの登場によりPCラックという需要が崩壊し、代わりにノートPCを持ち運ぶためのインナーケースという需要が生まれました。
当社は常時5,000アイテムを超える商品を扱っていますが、それらが明日には無用の長物となるかもしれない脅威に常にさらされているのです。
だからこそ、私たちは市場に対する感覚を研ぎ澄ませ、お客様の声に耳を傾け、その変化の波を捉えながらも、市場の常識に縛られない新しい価値を提案し続けることで成長してきました。

快適な視環境を求める照明器具デザイン
2008.10.30
コイズミ照明株式会社

■コンセプトの背景

照明の仕事に関わり始めて約20年になります。当時、一般的な住空間の照明はどのような考え方であったか例を挙げてみたいと思います。部屋を明るくする照明器具の視点からインテリア要素の一部としての照明コーディネイトが主流となり、空間イメージに合わせた好みのデザインを光源やW数を目安に選んでいました。また、器具を吊り下げるペンダントといったスタイルから、天井に低く取り付けることにより空間との一体感を高めることのできるシーリング器具への移行が目につきました。照明には「インテリア」としての要素と、もう一つ、必要な明るさをとる「光の機能」がありますが、住空間での照明器具はダウンライトやスポットライトを除き、機能性の追求は低かったように思います。
しかし、近代照明の名作と呼ばれる製品の中には、インテリア性と機能を高い次元で両立した照明がありました。代表的な例としては、デンマークの建築家ポール・ヘニングセンによってデザインされたPHと呼ばれるダイニングペンダントです。光源からのまぶしさを抑えながら、何重にも重ねられたセードのすきまから出る美しい間接光がポイントとなっていて、光の効果についてよく考えられていると感心したことを覚えています。

快適な視環境を求める照明器具デザイン
2008.07.30
タイガー魔法瓶株式会社

■「まほうびん」とライフスタイル

「まほうびん」といえば、多くの人がガラスでできた銀色の瓶を思い浮かべると思います。まさに魔法のような保温力から、かつては生活の必需品として定着したものでした。その魔法瓶が電気で保温する「電気ポット」に置き換えられ、かつ電気で沸かす利便性を併せ持つようになりました。給水のたびにヤカンで沸かし移し替えるという手間も省けたのです。今では、省エネの観点から魔法瓶と電気ポットを組み合わせた電気まほうびんが主流になってきました。
一方、「短時間でお湯が沸くなら保温の必要性はない」とのことで、海外で主流となっている電気ケトルが市場に浸透してきました。使用状況や生活パターンなどから、一概にどちらがよいとはいえませんが、少なくとも現代のライフスタイルに電気ケトルが受け入れられることがわかってきました。

人への配慮を重視した電気ケトルのデザイン開発