(財)大阪デザインセンター デザインビジネス塾 co-design

中之島BANKSを拠点にデザイン塾「co-design」開講

ホーム > コンセプト
デザインの明日を見つめる4つのアングル
デザインビジネス塾「co-design」とは、「共同」・「共通」・「相互」の認識を育むエキスパートデザイナー育成講座です。"スペースデザイン"・"プロダクトデザイン"・"コミュニケーションデザイン"・"デザインプロデュース"と言った4つの分野で活躍する大阪のクリエイター(間宮吉彦氏、ムラタ・チアキ氏、山納洋氏、吉田順年氏)が塾長を勤め、問題の発見と課題の解決が図れる人材、新しいビジネスを創造できる人材を育成していきます。各塾長のもとでのワークショップや、円卓会議における塾長・有識者とのディスカッションを通じて着眼点を養い、講座では高度な専門知識を持つ多分野の専門家の方々から塾生の抱える疑問・課題にアドバイスを頂きます。
仲間と楽しく"明日のデザイン"について、様々な角度から語り合いましょう。
  • 塾長 間宮 吉彦氏
    空間デザイナー (株)インフィクス 代表取締役社長
    1958年 大阪生まれ。1989年(株)インフィクス設立。全国で飲食、物販などの商業施設の空間デザインをはじめ、あらゆるジャンルのインテリアから建築まで空間をトータルに手がける。特定の様式や主義にとらわれることなく、時代の欲するムードを表現し、その中に潜む普遍性を追求する。2003年上海事務所を設立、ワールドワイドに活躍を広げている。 大阪芸術大学デザイン学科教授
    時代のムード、スタイル、場の雰囲気の創造
    変貌する時代にあって、今、多種多様な価値観の受け皿として「空間の価値」が必要とされています。空間は建築により成り立つものですが、建築物を作るだけではなく、時代性や場所性、出来事を読みとり生活の場として活動させることが空間デザインの役割だと考えます。空間デザインの概念の適応範囲を広げ、現代社会が関連する様々な問題の解決に空間デザインがどのように貢献できるかを研究します。デザインが社会で成立する仕組みをプロデュースできる人材の育成を目指します。
  • 塾長 ムラタ・チアキ氏
    プロダクトデザイナー  (株)ハーズ実験デザイン研究所 代表取締役 / METAPHYS 代表
    大阪市立大学工学部応用物理学科卒業後、三洋電機を経て1986年、研究所を設立。
    「行為のデザイン」というソリューションデザインを実践した企業連携ブランド「METAPHYS」を2005年ミラノで発表して以来、国内外で数々のアワードを受賞。
    京都造形芸術大学教授、神戸芸術工科大学客員教授、NPO法人エコデザインネットワーク理事、感性価値創造ミュージアムin Kobe2009 実行委員長、エコプロダクツデザインコンペ2007?2010実行委員長。
    大阪から世界へ発信する完成 プロダクツ・イノベーション
    アジアの台頭によって、単なるモノづくりでは地域経済は支えられなくなってきた。今、私たちは、世界から注目されている日本の精神文化の様々なアウトプットに加えて、関西の地域資産を生かした、モノづくりからコトづくりへとその感性レベルを昇華し、ソフトブランディングで海外への影響力を持つことが、そのソリューションだと考えます。この塾では感性プロダクツを通じて、イノベーティブなチャレンジを企画、実践していく人材を輩出して行きます。
  • 塾長 山納 洋氏
    プロデューサー 大阪ガス(株)近畿圏部 / common cafeプロデューサー
    1993年大阪ガス(株)に入社。神戸アートビレッジセンター、扇町ミュージアムスクエア、扇町インキュベーションプラザ、(財)大阪21世紀協会での企画・プロデュース業務を歴任。2010年より現職において地域活性化に関わる。一方でトークサロン企画「扇町 Talkin'About」、日替わりマスター制のバー「Common Bar SINGLES」、カフェ空間のシェア活動「common cafe」などをプロデュースしている。
    私的プロデュース論
    "プロデューサー"と呼ばれる人は、自分以外の人と協働して作品を作ったり、プロジェクトを進めたり、という動き方をします。その現場では、気づく力、人のモチベーションを引き上げる力、物事を大枠でつかむ力、背景を踏まえてコンセプトを立てる力、シクミをつくる力、人を巻き込む力、などが求められます。しかし、つねに新しいものを作り出すためにもっとも必要なのは、「どうすればいいか分からない時に、どうすればいいかを見つける能力」です。この塾ではこうした"プロデューサー的能力"について探求していきます。
  • 塾長 吉田 順年氏
    クリエイティブディレクター (株)スタジオ ノイエ 代表取締役
    1991年(株)スタジオ ノイエを設立。CI計画やブランド開発をはじめ、広告、宣伝、販売促進、パッケージ、POP,WEB,GUIデザイン等コミュニケーションを主とする企画・立案および制作に注力。「グラフィック」という旧来のデザイン領域にとらわれず、マクロ的デザインの活用といった大きな視点に取組んでいる。「デザインは問題解決」と主張しつつ、大阪、東京、中国(杭州)の事務所を拠点に活動中。最近ではJICA(国際協力機構)を通じた海外でのデザイン指導やセミナー、講演なども積極的に行っている。(協)関西デザインオフィスユニオン専務理事。
    コミュニケーションデザインに「次」はないのか?!
    現在、良くも悪くも、モノやコトの多くが過去の遺産で出来ている、そんな気がする。誤解を恐れずにいえば「セージ、ケーザイ・・・、デザインまでも、」そんな感じがする。コミュニケーションを専門とする若いデザイナーの皆さんも、贅沢言わなきゃ「ぼちぼち」食べることぐらいは、できる時代なのかも知れない。でもそれでは、イマイチつまらない。できないかもしれないけれど、せめて考えることをはじめたい。見てクレだけの「チェンジ」でない、持久力のあるコミュニケーションの「何か新しいカタチ」を、一緒になって。
デザインビジネス塾 co-design 1期生修了者紹介
無限の夢へ、走り出そう。 RING!RING!プロジェクト
この事業は、競輪の補助金を受けて実施するものです。
http://ringring-keirin.jp
osaka design center 一般財団法人大阪デザインセンター
Co-design 2010 Co-design 2011 Co-design 2012 Co-design 2013 Co-design 2014
PAGE TOP