概要

世界の共通語である「デザイン」を経営の切り札に、
大阪から世界へはばたく企業戦略をサポートします。

「よいデザイン」は人々の感性を刺激し、生活に新しい価値をもたらします。その力は、ことばを超え、国境をもやすやすと越える普遍的なものです。この力をビジネスに反映するために、私たち大阪デザインセンターはさまざまな支援事業を行っています。

概要

一般財団法人大阪デザインセンター 概要

1.設 立 1960(昭和35)年10月  大阪デザインハウス開館
1964(昭和39)年10月 (財)大阪デザインハウスとして新たに発足
1971(昭和46)年3月 (財)大阪デザインセンターに名称変更
2014(平成26)年4月 (一財)大阪デザインセンターに移行
2.所 管 大阪府
3.目 的 デザイン振興に関する諸事業を推進し、もって産業の興隆と国民生活文化の向上に寄与する。
4.事 業 (1)中小企業に対するデザイン相談・啓発
(2)デザイン人材育成のための研修等の事業
(3)国際的な、デザインに関する競技会・展示会・講演会・講習会等諸事業の実施
(4)デザインに関する調査と情報発信
(5)デザイン団体からの事務局受託業務
5.資 産 正味財産  955,714,099円(平成27年3月31日現在)
(うち基本財産 3,000,000円)
6.役 員 理事長    越田 英喜
副理事長   水戸部 洋一
専務理事   吉原 康文
7.理事・監事・評議員 理事 11  監事 2  評議員 13
8.事務局 常勤役員 1  センター職員 7
9.賛助会員 企業 45   デザイン事務所 87   団体・機関 8   学校 1
活動

デザインビジネスを活性化する多方面の取り組み

現在、大阪・南港ATCにおいて、デザインビジネスプロモーションセンターの運営をはじめ、これからのデザインビジネスに必要な手法や企業経営に活かす知識を学べる講座の開催、インターンシップ支援事業といった人材育成、販路開拓の支援、デザイン情報の収集・提供、デザイン5団体の事務局など、大阪発の総合的なデザイン振興事業を展開しています。

ここは、デザインの情報と人材が集まるスクランブル交差点です。関西の産業デザインのことで知りたいことがあれば、まずここへ・・・と言われるほど、私たちのもとにはあらゆる業界・業種のデザイン関連情報が集まってきます。情報の集まるところに人は集まり、人の集まるところにはまた情報が集まる・・・その中心に、私たちがいます。

MERIT01

さまざまなデザイン事務所の情報を無料でWEBにて公開し、活用の促進を図ります。

当ホームページの「デザイナーを探す(登録デザイナー事務所紹介)」欄において、それぞれに強みのあるデザイン事務所の社名と得意分野を紹介します。
加えて、ホームページをお持ちの所にはリンクをはって、より具体的な活動を広く関係先にメッセージいたします。
MERIT02

各種デザイン団体の事務局を務めるなど、業界のさまざまな取組みを熟知し、情報を提供いたします。

下記の在阪デザイン団体の事務局を務め、業界活動のサポートに加え、各加盟デザイナーとの分野を超えた人材の輪を培っています。その広範なネットワークは、さまざまな要望に応じた業界情報や人材探しにも活用することができます。

大阪デザイン団体連合(USD-O)
(公社)日本インダストリアルデザイナー協会関西ブロック(JIDA)
(公社)日本インテリアデザイナー協会西日本エリア(JID)
(一社)日本商環境デザイン協会関西支部 (JCD)
あぷ~ん(Ageless Planning Network)
MERIT03

デザイン系大学・専門学校生を対象に、就業体験を目的とした「インターンシップ」を実施しています。

学校では得られない自己の適正理解の機会として、またデザインの現場で働くことを通じ職業観を高める目的で、デザイン事務所での体験就業を行っています。期間は、夏期休暇中の2週間となっています。
MERIT04

さまざまな当センターの取組みを踏まえて、デザイナーの方の相談にもお応えします。

デザイナー、デザイン事務所の創業や営業活動など、「デザインの仕事」に関する相談にも対応します。
また、さまざまなデザイナーが入居している隣接の「大阪デザイン振興プラザ」の情報も提供いたします。
MERIT05

多くの中小企業が集う大阪産業創造館と連携し、デザイナーにも役立つ情報を提供いたします。

大阪市の中小企業支援拠点「大阪産業創造館」と連携し、デザイン相談など、多くの中小企業のニーズに対応するとともに、イベントセミナーや交流会の案内などデザイナーの方にも役立つプログラムや情報提供が可能です。
アドバイザー
大阪デザインセンターからのアドバイス

グラフィック、ファッション、建築、インダストリアル、ウェブ、映像など、さまざまなデザイン分野の情報が私たちのもとに集約され、人的な交流とあいまって、幾重もの分厚い層をなしています。この集積効果により、産業デザインの新しい価値が次々と生まれています。

デザインのご相談・お問い合せはこちら
Page Top